Welcome to Maeda lab.

UVAの役割

しみは表皮基底層にあるメラノサイトでメラニンが過剰に生成され続けることによって発生します。皮膚には、メラノサイトに「メラニンを作りなさい。」と指令する物質と「メラニンを作るのをやめなさい。」と指令する物質と存在します。中波長紫外線(UVB)が引き起こす炎症によって、「メラニンを作りなさい。」と指令する物質が増えて、メラノサイトを刺激してメラニンが過剰につくられ、さらにメラニンが角化細胞に取り込まれて、大きなメラノソーム複合体となって肌が黒くみえるようになります。太陽紫外線には、より波長の長い長波長紫外線(UVA)もありますが、UVBUVAも真皮浅層まで到達します。皮膚の細胞のDNAを傷つけるのはUVBです。そもそもメラノサイトが作ったメラニンは角化細胞に取り込まれて、角化細胞の核を守るために、帽子のように核の周りに配置されます。これはメラニン キャップといわれていますが、これ以上核にUVBがあたらないように、メラニンが核を守るための細胞の防衛機能なのです。UVBDNA傷害に対する即座の防御機能に即時型黒化があます。これは主にUVAによって一時的に肌が黒くなる現象で、UVBによる傷害から皮膚を守る働きがあります。