ヘアケア

学会発表・論文・著書

Dai k., Gu L., Maeda K., Inhibitory effect and mechanism of scutellarein on melanogenesis. Cosmetics 8(1), 15, 2021.

Kiso A., Morimoto H., Maeda K., Protective Effect of thymus serpyllum extract on glycation-Induced epidermal dysfunction. SCCJ journal, 54(3), 264-269, 2020.

Sugahara Y., Komorisono M., Kuwajima M., Yoshikawa S., Yoshida S., Maeda K., Effects of permeable human skin-type ceramides in reducing wrinkles and sagging. 31th IFSCC 2020 Congress, 2020.

Ito M., Murakami M., Maeda K., Improving skin resilience with fullerene liposomes and novel fullerenes synthesized from natural sources. 31h IFSCC 2020 Congress, 2020.

Lin X., Nakamura M., Wang Y., Maeda K., Yang J. Control of unsaturated fatty acids in sebum for scalp care. 31th IFSCC 2020 Congress, 2020.

Zhou L., Lu N., Lee K., Ye L., Hasegawa C., Maeda K., Accelerator of lamellar granule lipid transporter improves epidermal barrier function in 3D model of human epidermis and dry skin. 31th IFSCC 2020 Congress, 2020.

Nakamura Y., sunematsu N., Yukawa S., Fujii M., Nakamura M., Yamamura T., Yoshida I., Kuriyama K., Maeda K., New whitening agent that can promote the digestion of melanosome by lysosome in keratinocyte shows more efficient skin lightening effect. 25th IFSCC 2019 Conference, 2019.

2018/12 酒粕および米麹熱水抽出物が培養線維芽細胞のコラーゲンゲル収縮,脂腺細胞のMMPsと脂質産生に及ぼす影響 (薬理と治療)

2018/12/10 皮肤、毛发的老化、损伤与氧化应激的关联性 (The First Seminar of Skin Health Management and Nature Plant Skincare)

2018/12/8 白色LEDランプの演色性評価方法の検討 (第3回国際ICT利用学会全国大会)

2018/12/8 水分計付き肌スコープの開発と肌色の評価について (第3回国際ICT利用学会全国大会)

2018/11 甘酒摂取が肌へ及ぼす効果の検討-ランダム化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験-(薬理と治療)

2018/8/14 Utility of the Teslar Facial Massager for Skin Elasticity and the Mechanism of its Effects (Cosmetics)

2018/8/4 皮膚色評価のためのカテゴリー角および色相角の有用性の検討 (第36回日本美容皮膚科学会)

2018/8/4 水分計付き肌スコープの開発と美容皮膚科学への応用 (第36回日本美容皮膚科学会)

2018/8/4 美顔器のヒト有用性メカニズム  (第36回日本美容皮膚科学会)

2018/7 ピセアタンノール摂取による肌の水分や弾力へ及ぼす効果 - ランダム化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験 - (薬理と治療)

2018/7/14 Skin and hair damage caused by oxidative stress (The 2nd China Cosmetics International Summit Forum in 2018)

2018/6/20 Research on Hair Bleach that Causes Less Hair Damage and Smells Less Pungent than Ammonium Hydroxide (Cosmetics)

2018/6/18 Identification of Rice Koji Extract Components that Increase β-Glucocerebrosidase Levels in Human Epidermal Keratinocytes (Foods)

2018/4/15 Analysis of Lipids in the Medulla of Japanese Hair and Their Function (Cosmetics)

2018/4/14 Skin-Moisturizing Effect of Collagen Peptides Taking Orally  (Journal of Nutrition & Food Sciences)

2018/3/28 培養表皮角化細胞に対するアミノカルボニル化したコラーゲン繊維・表皮基底膜抽出物の影響 (日本薬学会 第138年会)

2018/3/28 表皮のフィラグリンの生成・分解に対するヒアルロン酸誘導体の新機能 (日本薬学会 第138年会)

2018/3/28培養表皮角化細胞のオートファジー活性に対する植物エキスの影響 (日本薬学会 第138年会)

2018/3/28培養表皮角化細胞、培養皮脂腺細胞の不飽和脂肪酸合成に対するメバロノラクトンの作用 (日本薬学会 第138年会)

2018/3/21 Mechanism of Cuticle Hole Development in Human Hair Due to UV-Radiation Exposure (Cosmetics)

2018/3/17 Comparison of Skin Color Measurements between Digital Imaging and Colorimeter (第65回応用物理学会春季学術講演会)

2018/1/30 Improvement in Skin Conditions by Consumption of Traditional Japanese Miso Soup and Its Mechanism (Journal of Nutrition & Food Sciences)
 
2018/1/22 Analysis of Ultraviolet Radiation Wavelengths Causing Hardening and Reduced Elasticity of Collagen Gels In Vitro (Cosmetics)
 
2017/12/15  Action Spectrum on UVA Irradiation for Formation of Persistent Pigmentation in Normal Japanese Individuals (Cosmetics)
 
2017/12 豚皮由来コラーゲンペプチド摂取による爪の水分量および丈夫さに及ぼす効果ーランダム化ニ重盲検プラセボ対照比較試験一 (薬理と治療)
 
2017/11/11  Large Melanosome Complex Is Increased in Keratinocytes of Solar Lentigo (Cosmetics)
 
2017/11/10  10-Hydroxy-2-Decenoic Acid in Royal Jelly Extract Induced Both Filaggrin and Amino Acid in a Cultured Human Three-Dimensional Epidermis Model (Cosmetics)
 
2017/11/10  New Method of Measurement of Epidermal Turnover in Humans (Cosmetics)
 
2017/10/23  Human skin-type ceramide 1, 2, 3 mixture has a positive effect on the dermal extracellular matrix-the effect on skin sagging- (IFSCC 2017 Conference Seoul, KOREA; This presentation was selected in the Top 10 Posters that were chosen by the IFSCC Conference Awards Committee from over 300 posters exhibited.) 
 
2017/10/21  Degradation of Tyrosinase by Melanosomal pH Change and a New Mechanism of Whitening with Propylparaben (Cosmetics)
 
2017/9/21  Amino Carbonylation of Epidermal Basement Membrane Inhibits Epidermal Cell Function and Is Suppressed by Methylparaben (Cosmetics)
 
2017/9/9  Water-Soluble Organic Germanium Promotes Both Cornified Cell Envelope Formation and Ceramide Synthesis in Cultured Keratinocytes (Cosmetics)
 
2017/9/2  In Vitro Methods for Predicting Chemical Leukoderma Caused by Quasi-Drug Cosmetics (Cosmetics)
 
2017/8/14  Evaluation of the Effect of Plant Mixture Ethanol Extracts Containing Biota orientalis L. Extract on Suppression of Sebum in Cultured Sebocytes and on Stimulation of Growth of Keratinocytes Co-cultured with Hair Papilla Cells (Cosmetics)
 
2017/11/12 美容医療におけるエレクトロポレーションとイオントフォレーシスの一体型機器の有用性 (第18回ビジネスフェア)
 
2017/11/10 薬物の経皮吸収促進法におけるイオントフォレーシスの最適条件の検討 (第60回自動制御連合講演会)
 
2017/7/29  セラミド合成酵素と脂肪酸伸長のmRNA 発現量に対するフラーレンの効果  (日本美容皮膚科学会)
 
2017/7/29  ヘアブリーチ時の毛髪ダメージとそれを軽減する方法の開発  (日本美容皮膚科学会
  
2017/7/29  毛髪におけるメデュラの脂質機能解析  (日本美容皮膚科学会)
 
2017/7/29  直流パルス式イオントフォレーシスの最適条件の検討-2  (日本美容皮膚科学会)
 
2017/4/16  Improvement of Lentigines by Oral Crocetin Administration and Examination of Its Mechanism of Action (Journal of Nutrition & Food Sciences)
 
2017/4  メラノソーム複合体の消化を作用メカニズムとしたトウキエキスの色素沈着改善効果 (日本化粧品技術者会誌) 
 
2017/1/23 皮膚の質感評価のための先端画像解析技術 (第7回化粧品開発展 アカデミックフォーラム)
 
2016/11/29  リポソーム化フラーレンの皮膚バリア機能保護効果 (SCCJ研究討論会
2016/11/10  画像解析を用いた皮膚表面状態の評価法の検討 (自動制御連合講演会)
 
2016/10  Protective function of liposomal fullerenes on the skin barrier (IFSCC 2016 Congress ORLANDO FLORIDA)
 
2016/8/6  ヒト型セラミド1,2,3混合物のセラミド産生促進効果 (日本美容皮膚科学会)
 
2016/8/6  ハチミツの紫外線による毛髪ダメージ抑制評価 (日本美容皮膚科学会)
 
2016/8/6  食用キノコのメラニン合成抑制効果及びそのメカニズム (日本美容皮膚科学会)
 
2016/8/6  培養脂腺細胞におけるABCA12の脂質分泌への関与 (日本美容皮膚科学会)
 
2016/8/6  皮膚の光透過性の測定による透明感の定量化 (日本美容皮膚科学会)
 
2016/8/6  美白有効成分の物性・使用方法による皮膚透過量の違い (日本美容皮膚科学会)
 
2016/8/6 美容施設の室内照明における白色LEDランプの肌色演色性の検討 (日本美容皮膚科学会)
 
2016/6  ハチミツの抗酸化作用と毛髪への影響 (毛髪科学技術者協会誌)
 
2015/11/23  A study of the effect of amazake on skin quality (The 6th International Conference on Food Factors)
 
2015/11/27  トウキエキスはメラノソーム複合体の消化を作用メカニズムとして色素沈着を改善する (IFSCC国内報告会)
 
2015/10/24  高齢者施設の室内照明における光源の演色性評価方法の検討 (バイオフィリア リハビリテーション学会)
 
2015/9/22  ANGELICA ACUTILOBA ROOT EXTRACT improves hyperpigmentation via the mechanism of digestion of melanosome complexes (IFSCC 2015 Zurich, 23th Conference)
 
2015/7/25  たるみの評価方法の検討とパッションフルーツ種子エキス経口摂取によるたるみ改善効果 (日本美容皮膚科学会)
 
2015/7/25  クロセチン経口摂取によるシミ改善効果とその作用メカニズム (日本美容皮膚科学会)
 
2015/7/25  直流イオントフォレーシスの最適条件の検討 (日本美容皮膚科学会)
 
2015/7/25  美白有効成分(医薬部外品)の色素細胞毒性・有効性予測 (日本美容皮膚科学会)
 
2015/7/25  美容における肌色の演色性評価に対する色域面積法の有用性 (日本美容皮膚科学会)
 
2015/6/8  Establishment of an in vitro method for predicting the chemical leukoderma due to cosmetic ingredients (23RD World Congress of Dermatology)
 
2015/6  Skin Color Measurements for Dermatological Treatment Based on CIE Uniform Colour Spaces (The 28th CIE Session 2015)
 
2015/4  光老化科学の最前線 (シーエムシー出版) 
 
2015/3  日本的美白研究史和问题(美白)
 
2015/03/26  爪のスフィンゴ脂質解析とコラーゲンペプチド経口摂取による爪改善効果におけるスフィンゴ脂質増加の関与(日本薬学会第135年会) 
 
2015/03/26  毛髪損傷メカニズムの解明と毛髪保護成分の開発(日本薬学会第135年会) 
 
2015/03/14  爪荒れに対するコラーゲン経口摂取の有効性とその作用機序(日本食品科学工学会平成27年度関東支部大会) 
 
2014/11/11  色相角を活用した皮膚色の評価法(第57回自動制御連合) 

2014/11/11  皮膚色の評価におけるCIEDE2000色差式の有用性(第57回自動制御連合講演会) 

2014/11/09  日本の伝統的味噌汁摂取による肌状態の改善効果とそのメカニズム(第19回日本フードファクター学会学術大会)   2014/11/08  爪荒れの生理状態の解析とコラーゲンペプチド経口摂取による改善効果(第19回日本フードファクター学会・学術集会) 

2014/10/22  皮膚色の評価のためのメトリック色相角の有用性(平成26年度 神奈川県ものづくり技術交流会) 

2014/10/21  美容における経皮吸収促進法に関する先端技術(第5回化粧品開発展 アカデミックフォーラム) 

2014/08/26   Skin Color Measurements: Usefulness of the Metric Hue Angle of Uniform Color Spaces for Dermatological TreatmentProgress In Electromagnetics Research Symposium 

2014/07/12  ウスベニアオイ抽出液の発毛関連因子発現促進効果,(第32回日本美容皮膚科学会総会・学術大会) 

2014/07/12  コラーゲンペプチドの爪改善効果(第32回日本美容皮膚科学会総会・学術大会) 

2014/07/12  酸化ストレスによる角層機能低下に対するフラーレンの効果(第32回日本美容皮膚科学会総会・学術大会)   

2014/07/12  色相角を活用した皮膚色の評価法の検討(第32回日本美容皮膚科学会総会・学術大会) 

2014/07/12  皮膚色の評価のためのCIEDE2000色差式の有用性(第32回日本美容皮膚科学会総会・学術大会) 

2014/05/30  イオン泳動法における電気的駆動条件および電極材料の違いによる導入効率の検討(第113回日本皮膚科学会総会) 

2014/03/28  新規フェノール性二量体の合成及び抗菌スペクトルの評価(日本薬学会第134年会) 

2014/03 表皮ターンオーバー促進剤の開発 日本薬学会第134年会

2013/11美肌を保つための肌の仕組みと美肌食品  食品と科学

2013/11物理的吸収促進法を用いた薬物の経表皮デリバリーにおける画像の有用性 第56回自動制御連合講演会

2013/08 Photoprotective effects of inclusion complexes of fullerenes with polyvinylpyrrolidone, Photoderm. Photoimmun. & Photomed.

2013/08【特集】美肌食品の最前線―注目の素材の美肌効果・機能性― 美肌食品の特集にあたって  ファインケミカル

2013/08 イオントフォレーシスにおける周波数・波形の違いによる導入効率の変化  31回日本美容皮膚科学会 

2013/08 コラーゲンペプチド配合飲料の美肌効果  ファインケミカル 

2013/08 スマートフォンの画像による肌色の解析技術の開発 第31回日本美容皮膚科学会  

2013/08 電気的駆動力を用いた経皮吸収技術の医療福祉への応用  31回日本美容皮膚科学会   

2013/08 電気的駆動力を用いた経皮吸収促進法の最適条件の検討  31回日本美容皮膚科学会   

2013/08 有機ゲルマニウム (Ge-132)のセラミド合成促進メカニズムの検討

2013/07【第I編 毛髪再生研究の最先端】 第1章 発毛・毛髪再生総論, 毛髪再生の最前線シーエムシー出版

2013/07 味噌の美容効果に関する研究  一般社団法人中央味噌研究所 

2013/07 薬物の経表皮デリバリーにおける最適条件の検討  日本DDS学会

2013/06 Mechanism of dry skin improvement effect of organic germanium  in cosmetics, 9th Asian Dermatological Congress

2013/06 プロリン、ヒドロキシプロリンのアミノ酸経皮吸収とHLB数依存性に関する研究,   112回日本皮膚科学会

2013/06 育发、生发产品的研究发 ()  happi china 

2013/06 薬物の経皮吸収におけるイオントフォレーシスおよびエレクトロポレーションの最適条件の検討  112回日本皮膚科学会

2013/05 The protective effects of piceatannol from passion fruit (Passiflora edulis) seeds in UVB-irradiated keratinocytes  Biol. Pharm. Bull.

2013/05 育发、生发产品的研究发 ()  happi china

2013/04 前腕皮膚におけるローヤルゼリーエキスの保湿機能に及ぼす影響, 日本美容皮膚研究会雑誌 

前田教授が第67回日本栄養・食糧学会大会(2013524日〜26; 名古屋大学)で「味噌の美肌効果」について発表します。味噌汁を摂取することで肌がきれいになるかどうかをヒトで調べた研究成果を発表します。

薬物の経表皮デリバリーにおける最適条件の検討(20137月4日、5日、第29回日本DDS学会、京都) 秋本眞喜雄

日本薬学会133年会 (2013327日〜30; 横浜)で「Angelica dahurica 抽出物のメラニン生成抑制効果」についてM2徐雪が発表しました。

皮膚の経皮デリバリーにおけるガーゼの有用性 平成25年電気学会全国大会 (2013320-22) 秋本眞喜雄

培養ヒト表皮角化細胞におけるメバロノラクトンの遊離脂肪酸生成促進効果 2012121416日、福岡、 第85回日本生化学会) 野口智弘

肌色の評価指標における均等色空間の有用性 第55回自動制御連合講演会 (20121117-18) 秋本眞喜雄

画像による肌色の評価方法の検討 第55回自動制御連合講演会(20121117-18) 里井優真

Webサイト色彩情報のための色空間の調査 第9回広域連携医療ネットワークシステム研究会  里井優真

イオントフォレーシスにおける不織布ガーゼの有用性 第30回日本美容皮膚科学会学術大会 (2012818-19) 秋本眞喜雄

高分子ヒアルロン酸を用いたイオントフォレーシス導入時の電荷反発と電気浸透の影響 第30回日本美容皮膚科学会学術大会 (2012818-19) 高橋寛樹